Naomi's Blog

フランス在住20年、自分らしく、日々ワクワク過ごしたい貴方へ、欧州文化や生活情報を中心に役立つ情報をへお届けします。

欧州のバカンス(長期休暇)とは?

フランス人にとって、非常に大切な バカンスのシーズンが、やっと!やってきました~!(↑ちなみに、この写真一切編集してません、ルーフバルコニーからの眺め!)

1世紀前は、特権階級のみものだったバカンス、暇な時間を指すそう。なんだか贅沢ですよね。

20世紀になると、中産階級なども、皆平等に、長期間の有給(バカンス)が取れるようになりました。1936年には2週間、20年後には、3週間、1969年には4週間、1982年には5週間の有給(連続休暇)が認められたそうです。

 

f:id:HappyEurope:20190724075943j:plain



私は、今年は 、同時に、色々な新しいチャレンジもあり、両立しなければいけないことも多く、仕事量も多くて(ありがたいことですが) かみさま~やっと~バカンス?!!て力尽きた感じです。(↑写真は、併設のプライベートプールと、その先に見えるプライベートビーチを見ながら、併設されてる私有公園でブランコする娘。)

 

f:id:HappyEurope:20190724080828j:plain

皆様もそうかもしれませんが、今年もやる事多すぎて、年中寝不足気味だった私は、 3週間ぐらいぶっ通しで、 この1年間 足りなかった睡眠を補うために、寝るのが夢~って思ってました。

前回の、”過労死しかけた私”の記事でも、お話した通り(下記ご参照下さい!)

 

www.naomi-a.com

 人間というのは、ぶっ通しで働き続けても、身体にいつか、つけが廻ってくるという経験をしたので、今は、リラックスしたり、身体を休めること、バカンスなどの大切さを一層実感しています。

 

毎日睡眠4時間で、やりくり、しなければいけなかった夫も、やはり、バカンス中は、毎日朝から晩まで寝ると言っていました。

フランス人は働かないというイメージがあるみたいですが、週に35時間しか働かないというのは、 特定の職業に限られ、もちろん給与も安いです。

ある程度の責任のあるポストになると、日本以上に大変かもしれません。

もちろん、マネージャークラスからは、残業代も出ないし、夜や週末に持ち帰る仕事の量は半端ではありません。

 

日本で働いていた時、特に長期バカンスの習慣がまだついてなかった私には、(二泊三日、等の短期ならありましたが) 一か月のバカンスって、 バカンスボケしてしまわないんだろうか、等と考えていたものです。

 

 実際に長期休暇を とってみると、長期休暇に、その素晴らしい効果に気づきます。

とにかくリフレッシュできて、集中力が増し、要領が良くなり、インスピレーションが湧きやすくなり、まるでぶっ通しで瞑想をしまくったかのような、頭がすっきり冴えてクリエイティブな効果が色々得られます。

フランス人が、アートや、料理や、ファッションや、デザイン、ラグジュアリーブランド等、クリエイティブな 分野に強い、というのは、この長期バカンス のおかげなのではないか、 とも言われていたようです。

また インスピレーションが湧くことの他にも、メインは、普段時間がすれ違って、なかなか一緒に過ごせないパートナー、夫婦、子供、家族ともみっちり一緒に過ごして、リラックスして、家族の時間を楽しむ、という目的もあります。

ちなみに、ヨーロッパは長期バカンスの習慣がありますが 、 アングロサクソン系の、 イギリス、アメリカ、カナダは、 せいぜい2週間だそうです。

 

今年の、日本の、10日間のゴールデンウィーク時には、 長期休暇に慣れてない、日本人をテレビでインタビューして、10日も何をするのか途方に暮れている日本人達や、 働いた方がマシと言っている契約社員の方々等が、フランスや欧州のあちこちのニュース番組で取り上げられました。

いやいや、いくら日本人でも楽しみ方くらいわかってるでしょ、、と私は思ったのですが、、。

前置きが長くなりましたが、 アリカンテ、スペインに来ています。

夫や娘は私より先に、バカンス入りしていたので、私は仕事の関係で一週間遅れて、合流 してます。

 

こちらが、12階建ての、ルーフバルコニーから 見える 景色、目の前がです。

 夜はこんな感じです。正直、 夏時間で、23時ぐらいまで明るいので、 この写真は 夜中に撮りました!(上記はルーフバルコニーからの眺め、下記は、併設されているプライベートプールとプライベート公園、家族連れにぴったり!)

 

f:id:HappyEurope:20190724080257j:plain

f:id:HappyEurope:20190724080536j:plain

娘の寝室&浴室と、我々の寝室&浴室( 仏では、コレをPARENTAL SUITEと呼びます、一般的な自宅にもあります、両親の寝室の奥に、両親の洗面所や浴室などが揃っているタイプです。)がそれぞれ別れているので、待たなくても良いので、便利で効率的。

 

バカンスの一般的な1日の スケジュールは、 娘が 起きる少し前に起きて、朝食の準備。

この海が見える、ルーフバルコニー の、食事用テーブル に朝食 を置いたら、 みんなで 座って、波の音を聞きながら、この絶景の海を見ながら 朝食。

その後、 海に行きたいと、待てない 娘を連れてビーチへ。

一緒に 海に入ってくれとしきりにねだる娘と、波乗り。

その後プールに 行ってまたひと泳ぎ。 ランチは、同じマンションの地上階にあるレストランにて、 パエリアや 美味しい海の幸に舌鼓を打ちます。

その後、スペインは、シエスタ(昼寝)の時間になるので、娘は、宿題(タブレットのスマイルゼミと、フランス語、と,未だに残ってて辞めたがってる公文、彼女にとっては苦悶になってます。)、私と夫は仕事。

この絶景のビーチを眺めながら、ソファーに座ってパソコンカタカタ。(↓写真は、まさに、いつもこのソファーに座ってパソコンカタカタ、、)

f:id:HappyEurope:20190724081222j:plain

 

おやつの時間にアイスを食べたら、 またプール で ひと泳ぎしたがっている娘 を連れて、地上階にある2種類のプライベートプールへ。(↓写真は娘)

f:id:HappyEurope:20190724080413j:plain

その後、同じく、地上階のスペイン名物レストランで食べるか、簡単な夕食の準備をするか。(前回来た時は、お料理も家事もお買い物もしてくれる、東欧の女性がいたのですが。)

 

私達夫婦は、年齢的にもメタボを避けるために、なるべく夜は、ガスパチョ程度に、軽めにしたいところですが、育ち盛りの娘は、イカリングフライ、やら、スペイン名物の生ハムやらチーズやら、あと、何よりも、フランスと違うのは、おやつ類がこってり、仏より甘い!!

クロワッサンにすらたっぷり砂糖が上に乗っていて、本当に、砂糖だらけで、

心なしか、パリより、皆太って見えるのは、避暑地でストレスがないからか?

アリカンテについては、又次回のブログで詳細書きますね。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました、皆さんもリフレッシュできますように!